スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ノオー水ロトムグロス

 2011-02-18
2月は予約投稿でいいやーとか思ってたけど、時期的にもいい感じの要素が入っているPTがあったので通常更新
KP関連の記事以外はとくに何もなければ予約投稿になると思います

ユキノオー ガブリアス ラティオス 
ロトム メタグロス ウルガモス
ポケモン名技1技2技3技4持ち物
ユキノオー吹雪ギガドレイン零度
ガブリアス逆鱗地震岩雪崩チョップ拘りスカーフ
ラティオス流星めざ炎草結びみがわり命の珠
水ロトムドロポンボルチェンめざ炎トリック拘り眼鏡
メタグロスコメット思念追い打ちアムハン拘り鉢巻
ウルガモスオバヒさざめきめざ氷蝶舞炎ジュエル


構築は前のノオーブルンをアレンジしていった感じ
まぁ結果としてブルンゲル→水ロトム

とりあえず単体で語ることのできる部分であるラティオスとウルガモスを解説

まずラティオスから
ラティオスの処理が追い打ちでの迅速な処理にうつり変わったため、催眠実質禁止時代のバトレボ環境で使われていた珠ラティを導入。
追い打ちを使用するポケモンは前世代と変わらないため、役割破壊として優秀なのは間違いない。
ただHDに振ったバンギラスが珠草結びで確定でないことがやや不安だが突破できるとできないのでは大違いなため採用。
追い打ちバンギラスが採用されるようになったのは根性マッハを使えるローブシンが苦手なクレセラティオスを一致追い打ちで処理し、タイマン性能に優れるローブシンを使いやすくしたいというのも一因。


次にウルガモス
前回入れたのはめざ電気ウルガモスだがこちらはそのウルガモスの影響力を活かした型
めざ電気ウルガモスはうつ対象(ギャラドス・ブルンゲル)より速いめざパであるため、非常に使いやすく効果的なめざパになっているということで採用率は高くなると予想。
少なくともギャラドス側は意識せねばならないめざパではあるということでこちらはそれ以外の後だし可能ポケを牽制した型。
めざ氷の採用はこの6体自体、ガブリアスがやや重いのですんなりと採用できる。
霰ダメで素早さ確認とともに交換読みめざ氷を当てれば襷も処理することが可能というのは大きい。

テラキオンに関しても蝶舞ジュエルオバヒでテラキオンを処理することも可能。霰があれば相手のスカーフも確認でき、襷も消費できるため相性はいい。
オバヒのデメリットは気になるが、ジュエルオバヒによって対面状況でローブシンに勝てるようになるメリットも考慮に入れれば見逃してやりたい。
氷弱点のポケモンに対してはめざめるパワー氷ですむため炎技をうつ機会は少なくなる気もしなくはない。


これが単体で語ることのできる要素。
組み合わせ的には【水ロトム+メタグロス】が優秀なためここで少しふれる

まず前のブルンゲルがパルシェンに強いといいましたがあれは微妙。
水ジュエルパルシェンに対してロックブラスト+ジュエルドロポンが怪しいのでブルンゲル側は再生連打の選択肢か殻を破るとみて波乗りを選択するかの2択になってしまう危険性があるのでこの【水ロトム+メタグロス】に切り替え。
カバドリュウズラティを2体で対処する想定もできる点も優秀
メタグロスで相手のメタグロスを意識する必要が水ロトムのおかげで薄くなり、ナットレイやヒードラン意識のアムハンを入れることもできるようになった。
水ロトムの苦手なラティをメタグロスで処理できるのも優秀であり、この構築だとラティに関してはウルガモスというもう一枚の保険があるため強引にボルチェンをする選択肢もとることができる。

飛行に弱くなりがちなユキノオー入り構築にとって入れておきたい2匹なのは間違いない。


解説するところはこれぐらいかな?
ユキノオーの構成は自分好みの構成にしただけなのでここは確定じゃないです。
他のポケモンも細かいところは使いやすい技に変えたりするといいかもしれませんね。
ブルンゲルを抜いてvs格闘性能は落ちましたがなんとかなると思いますが、交換で処理しようとすると厳しいものがあるのでうまく格闘との打ち合いにもっていったり、ウルガモスの蝶舞で処理したりしてください。


予約投稿してある内容とかぶっている部分あるけど、一連の流れの中に要素として入ってるものと記事としてとり扱うのは別モノだからいいですよねー

最近くだらん単体考察ばかりで申し訳なくなって書いたけど、まだ元気です
スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちは、ぬかみそと申します
いつも参考にさせていただいております
 
このウルガモスと似たような型を私も使っておりましたが、テラキオンを仮想するとどうにも耐久不足で、選出繰り出しが難しく感じました
参考までに、どのような運用を想定しての採用なのか、教えていただければ幸いです


また、不躾なお話ですが、相互リンクをお願いしてもいいでしょうか
お手隙の際に、ご検討よろしくお願い致します
【2011/02/18 17:44】 | ぬかみそ #VEZdFUp6 | [edit]
コメントありがとうございます

耐久に努力値を回さないウルガモスは基本的には流星後など死に出しの展開をさせるものだと思います
それかハッサムやメタグロスを出されるターンに交換読みでウルガモスをぶつけたりといった感じになるでしょうね。


このPTの話をしますと
まずウルガモスはソーヘラやラティハッサムへの圧力として採用しています。
それとやや草タイプも厳しいのでそれも考えて。

型の理由としては
ギャラドスは水ロトムがいるためそこまで問題ないのに対し、ガブリアスに簡単に繰り出されると困るということもあります。ですからめざ氷を採用。
交換読みで大抵のガブリアスを確定1発にしたいと考えるとほぼとくこう極振りがここで確定します。
ここでCSウルガモス以外の選択肢がなくなり、他のアイテムにしても動きが変わらないので後だしできるポケモンを減らすことができる炎ジュエルオバヒを採用しました。

このPTはテラキオンに対面で勝てるポケは多いが後だしが厳しいポケが多いので出来るだけウルガモスが舞えば処理できるという型にしたかったというわけです


守りより攻めの運用を想定してという形といった感じといえばいいんでしょうか。
ある程度このような耐久のないウルガモスを採用している時点で割り切っている部分はあります。

選出すること自体が厳しくともウルガモスを抜いた5体で厳しいソーヘラやラティハッサムに対して十分な圧力がかかるということを考えれば十分な働きをしていると考えているのでそれはそれでいいんじゃないでしょうか?
ウルガモスを後だしから繰り出すことが多く想定されるようなPTでは耐久に振った型や他のポケモンを使った方がいい気はしますね。


考えがまとまってないため長くわかりにくい文章になってしまい申し訳ありません。
参考になればなによりです


相互リンクの件、了解しました!こちらこそよろしくお願いしますねー
【2011/02/18 19:53】 | びんとろ #- | [edit]
ブルンゲルは貯水の可能性もあるのでジュエルドロポンぶっぱなすのは危険じゃないですかね?
ブラストで特性割れる可能性はありますが・・・
【2011/02/18 19:56】 | ラト #.XMU7wKs | [edit]
詳しく解説ありがとうございます

なるほど、攻めの運用、選出段階での圧力というわけですね
私のウルガモスはめざ電なため少し変わってくるかもしれませんが、これを参考にパーティを組んでみようと思います

また相互リンクの件、ご快諾ありがとうございます
これからよろしくお願い致しますね
【2011/02/18 20:51】 | ぬかみそ #V1tezoCk | [edit]
自分が呪われボディで使う側にたっているということからの文章だったのでそのあたりのリスクは考えていませんでしたが、パルシェン側にとっては相手にブルンゲルがいるのにパルシェン展開したなら貯水は切って考えるのが妥当だとは思います。

ブラストで特性割れてくれるのが一番ありがたいですがw
それに85%程度の確率で特性割れると思っていたのであまり気にしていなかったです。


ブルンゲルとAC+2のパルシェンが対面し、パルシェンのブラストで特性発動しなかった後の展開を想定

ブルンゲル側が鬼火→ドロポンしか選択肢がない
ブルンゲル側が波乗り→ドロポンもしくはブラスト
ブルンゲル側が再生→ブラスト連打

といった形になるんでしょうか?
鬼火をうたれて貯水ならもうどうしようもないのでそれは相手の勝ちでいいです。


波乗りの場合で最初のブラストで急所が一回でてオボン発動した場合はパルシェン側がブラストをうつ選択肢は十分とれますね
3割程度で少なくとも一回は急所がでることが期待できるので
ただオボン発動していない場合は急所複数回期待しなければならないため、貯水ではないと考えてジュエルドロポンを打った方がいい。※ただし貯水ブルンゲルの採用率による
こんな感じでしょうか?


ブラストで呪われが発動しないかつなみのりをうたれた場合に15%と貯水かどうかのリスクを考えて行動することになりそうですねー
あとダメージ幅で柔軟に技選択を変更する必要がありますが、基本的には突破できる可能性が高い選択肢をとる感じになりそうです。


あと単体で展開しているパルシェンなら引っ込める選択肢もありかとは思いますが、サポ込で展開している場合のパルシェンだと突っ張るしかないのでとりあえず突破の可能性が高い方をとるのが正しい選択だと思います。
引っ込めるよりは他のポケモンでさらにブルンゲルを起点に展開するポケモンを入れるというのがパルシェンの展開だと考えているので、実際のところはそのあたりの選択はそのポケモンと相手の残りのポケモン次第ですかねー
【2011/02/18 21:18】 | びんとろ #- | [edit]
ヒードランが薄いように感じたのですが想定内でしょうか?
【2011/02/19 22:33】 | ホワイト #mQop/nM. | [edit]
想定はかなり甘いとは思っていたという点では想定内ですが、それは消極的な考えですので改善すべきところではあると思っています。

草結びラティの必要性が薄いとかノオーに地震を入れるべきとか単体でいじる部分はあるとは思いますが、この6体で対処しようとしても応急処置程度しからないないので、もし

ノオー入りでドラン入りにも対処できる構築をとなるとメタグロスの位置を零度スイクンにでもするのがいいかなとは思います。
そうなると相手のラティが限りなく薄くなりますが、このウルガモスを活かそうと考えるとわりといい形だったりはします

これは他の人のブログでみた形な気がしますが、もうすこし煮詰めたら記事にしたいとは思っています

少なくともこの6体はヒードラン自体が厳しいので、ドランが採用される理由として有力なポケモンが増加したらこの構築を選択する必要はないかなーと思います
まぁそれがこのウルガモスなんですけどね

ホワイトさんの指摘で想定していなかった部分に気付くことができたのでもうすこし考えていきたいと思います
コメントありがとうございましたー
【2011/02/20 00:33】 | びんとろ #- | [edit]
グロスよりもラティの必要性がないといった感じだったのでラティをスイクンに変える方が自然ですね
そこも含めて考え直します
【2011/02/20 00:42】 | びんとろ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://bintoro3.blog136.fc2.com/tb.php/157-525cf6e6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。