スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ニョロニョロダース

 2011-03-10
ニョロトノ ニョロボン サンダース
ポケモン名技1技2技3技4持ち物
ニョロトノハイドロ波乗りor気合玉冷凍B滅びの歌水ジュエル
ニョロボン滝登り腹だいこみがわり瓦割or催眠神秘の雫
サンダースめざパ(氷草炎)など欠伸高速移動or雨乞い珠or脱出ボタン


ニョロニョロラティ→ニョロニョロユクシー→ニョロニョロダース
という変遷

ニョロニョロラティはパルシェンやウルガモス入れたいこともあってついでに置き土産からニョロボンが腹だいこして全抜き

ニョロニョロユクシーは相手の襷対策にステロまきたいということもあってユクシー採用
ここで欠伸置き土産両立

このあたりでニョロトノを入れて永続雨にする必要があるのかということになったので永続雨が必要な起点作りとして欠伸からの展開があるのでそちらにシフトしました。

相手のボルトロスつらいし、ユクシーは遅いので相手のみがわり怖いということでサンダースを採用して欠伸展開中心の組み合わせに

とりあえず欠伸サンダースで起点つくる動きとして似ているのはダグダースなので一応紹介
苦手な相手も似通っているためわりと考えやすかったです

【ダグダース】
残飯いばみが分身ダグトリオと欠伸サンダースの組み合わせのこと 
極端な型でナンス対策をしたダグトリオを欠伸ダースがサポートすることでバンギラスやラグラージまで広範囲のポケモンを起点にいばみがで全抜きすることを目的にしたPT

ダースが落とされるターンに先制欠伸をうつことでダグの起点にするのを基本行動とする。 
催眠と混乱の最低ターンが1ターン長いバトレボ独自のコンボパ



とりあえず今回だと雨状態でダースが欠伸して落ち、ニョロボンの先制みがわりからの腹太鼓ですね

雨とダースの相性はよく、重くなりがちなボルトロスを補完してダースの火力不足を必中雷で補ってくれます
普通のポケモンとして動けるのも評価できます


この組み合わせの展開はかなり遅い展開であり、相手に邪魔されることが多いのでそのあたりに気をつけないといけないです。
とくにダースが起点になりやすいのでそのあたりを意識して構成を決める必要がありそうですね



とりあえず単体考察から

【ニョロトノ】
 ニョロトノ
まずニョロトノでしたいことは雨をふらすこと
次に相手の起点にならないことなのでまず滅びのうたが確定となります

そして相手のトルネロスなどに追い風をされると厳しいものがあるのでトルネロスのジュエルアクロバット耐えとトルネロス確定調整はしておきたい

このあたりを押さえておきたいですね
そこそこ動けることが重要になってきます


【サンダース】
サンダース
まず欠伸は確定。

持ち物は珠が一番圧力をかけることができるので前作では有力な採用候補でした。
ただこのようなPTはどうしてもハッサムで崩されることが多かったので今回はその対策となる脱出ボタンを採用することにします
脱出ボタンを採用することでダースを残したままニョロボンで展開することもできるので悪くはない選択肢

※脱出ボタンの仕様
相手が脱出ボタンもちに蜻蛉帰りをした場合、脱出ボタン側は交換できるが相手は蜻蛉帰りの効果で交換することができなくなる 


残りの枠は3つですが
攻撃範囲でみるなら雷+めざパ(サブ)で十分だとは思いますのでその採用でいいでしょう
めざパの部分はシグナルなどでもいいですね

とりあえずめざパの部分は自由に決めてもらえればいいかと

で最後の枠
これもバトレボ時代のダグダースからの経験ですけど相手にスカーフガブリがいるとそれだけで動きにくくなるので先手をとれるように高速移動ということです
交換連打を許さないで的確に技をあててダースで処理するためにもぜひ欲しい

高速移動という選択肢もあるという紹介ですね。基本的に自由枠


【ニョロボン】
ニョロボン
欠伸起点からの展開ということで「みがわり」+「はらだいこ」は確定
あとは一致技の滝登りは確定で残りの技と持ち物を何にするかということ

まず持ち物からですが、オボンで耐えてどうこうということをしなくてすむので水プレートで滝登りの火力をあげる選択肢をとりやすくなります。
フシギバナやギャラドスなど地震や岩雪崩をいれないと落とせないポケモンを滝登りで落とすことができるようになるのは非常に大きい。
何より技スペースを節約できる点で優秀

残りの枠は瓦割を優先して入れたいところですね

ただ催眠もかなり優秀な選択肢なので一応触れておきます
まずラムなどで対策された場合にも強引に起点をつくることができる点が非常に優秀
かなり運任せになりますがラム持ちで終わりとまだワンチャンあるじゃ大きな違い

瓦割を打ちたい相手がトリトドン、ナットレイあたりと貯水かんそうはだや硬い水半減ポケといったところ ですから、ここらへんをどう見るかですね 

基本は瓦割でそれ以外の選択肢として催眠や雨乞いも入ってくると意識しながら構築をすすめればいいかなと思います
 


貯水ブルンゲルでとまったら相手の構築段階の想定に負けたようなものなのでそれは貯水採用率にもよりますが切っていいところだと思います。これは瓦割にしても同じことですけど




とりあえずこんな感じで3体を決めました
残りはノオー入りバンギ入りへの勝ちパターンの確保を考えて構築をすればそこそこ戦えるPTにはなると思います

ただ最初の方に書きましたが、この組み合わせの問題に展開の遅さがあるのでそこをどう捉えるか
できればニョロトノとサンダースで動ける方いいですね

あとはキングドラも欠伸を使えるため
ニョログドラからのニョロボンといった動きもできるようになるのでニョロボンを2枚目の雨エースとしてみることもできます。
 

とりあえずニョロニョロダース構築の材料記事
他のニョロボン入りは気が向いたら書きます
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。