スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

逆鱗ギャラドス

 2011-01-22
ギャラドス 

技1技2技3技4持ち物
ギャラドス滝登り逆鱗竜舞挑発orみがわりラムorソクノ


逆鱗ギャラ
エッジとの違いは命中安定かつ浮いている相手に入り相手のガブにもダメージ入る
ラティオスとかラティアスも一発で倒すことができる

まぁ欠点は暴走と混乱ですねー
ハッサムとかは素の状態でも怪しいのに逆鱗のターンに投げられると積みの起点になってしまいます
あと水タイプなのにグロスに強いと言い切れないのも採用する段階であまりよろしくない

採用はPTのラティへの後だしが怪しいときなどに採用されるんじゃないかと思ってます


それとギャラドスはウルガモス対策に採用されることが多いですが
ウルガモス側としてはめざ電気(岩)で対処する選択肢もあるため、一任する場合はそこまで意識したいですね

あまりソクノギャラは好きではないですがウルガモスという全抜きの脅威があるポケを意識するなら仕方ない
電気タイプに対して有利不利逆転という本来の性能もあるわけですし悪くはないです

ウルガモスを意識した場合ですとナンスまで考えたいのでできたら挑発をもたせたいところです
ただ相手側もギャラドスに対してナンス投げるのはリスクだからの行動なので滅多にしてこないと思いますが
ないともギャラの流行りの型次第ではないと言い切れないので挑発の優先度を高くしておきたいですね


対雨にしてもヘラ用に選出しても逆鱗あるためグドラに対してそこそこ抵抗できますしカバドリュウズにはそこそこ強い。
耐性的にも能力的にも悪くはないポケモン
スポンサーサイト
タグ :

【シングル】ローブシン調整

 2011-01-22
n534.gif 
技1技2技3技4持ち物
ローブシンドレインパンチマッハパンチストーンエッジビルドアップ黒帯

HP攻撃防御特攻特防素早さ
実数値207178140×9666
努力値21212196×844


【候補技】
「ストーンエッジ」のところに「いわなだれ」「しっぺがえし」
「ビルドアップ」のところに「どくどく」

【HP】
ステロ天候ダメを意識した16n-1(12)

【物理耐久】
ガブリアスの剣舞逆鱗耐え(最高乱数切り)

【特殊耐久】
A182エッジ耐えしたボルトロス(C161)の10万2耐え(高乱数)

【攻撃】
無振りガブリをドレイン+ドレイン+マッハで確定
A194ヘラの鉢巻一致120技耐えのガブリだと高乱数

A172程度の鉢巻ガブリの地震ならドレインの回復量込で2耐え
タグ :

【シングル】ローブシン考察

 2011-01-22
n534.gif 
ポケモン名特性HP攻撃防御特攻特防素早さ合計体重依存技
ローブシン根性/力ずく10514095556545505威力80


第五世代で登場した物理耐久に優れた単格闘の根性ポケ
ドレパンマッハで幅広い相手に対して殴り勝てる

根性格闘でマッハパンチを覚えるのはローブシンだけ
格闘タイプで見てもエビワラー、サワムラー、カポ、ガッサ、ゴウカザルのみ

ラティオスやランクルスといったこちらに通る攻撃がなく特殊技で攻めてくる相手は苦手
物理でもムクホークや思念グロスといった弱点をついてくる相手には押し負けるため
他のポケモンとうまく組み合わせることが重要

ただラティ以外の格闘半減できるエスパータイプはハッサムやウルガモスなどを考えるとPTに入れにくく
飛行技もなかなか6体に入ってこないため
気を抜くといつの間にかローブシンに弱くなっていることはよくある

単格闘が薄いPTに対して圧倒的に強いため、中心において構築する価値はあるだろう

【技】
・メイン技


ドレインパンチ・・・回復効果により殴り合い性能を高めることができる優秀な技。採用しない理由がない

マッハパンチ・・・一致先制技。ローブシンを採用した理由の一つでもある。
ドレパンパンチと一緒に採用することで格闘が等倍の相手に対して殴り勝てる範囲が広がる

・サブウェポン

ストーンエッジ・・・格闘を半減する飛行タイプに抜群をとれる。サンダーを意識した場合に必須な技。
黒帯をもたせることでエッジ+ドレパン+マッハでH振りサンダーを落とすことができるため羽連打の心配もない

いわなだれ・・・ウルガモスを意識したい場合や命中が不安の場合はこちら。
ただ素早さが遅いので怯み効果がほぼないというのは残念なところ

しっぺがえし・・・ゴーストタイプを意識する場合に採用候補。ブルンゲルに対して押せるようになるのはメリット
ただ遅いエスパータイプやゴーストタイプに対してはエッジと火力が変わらないのが残念なところ

・補助技やそのほかの技

ビルドアップ・・・物理耐久をあげながら火力もあげることができる。ドレインパンチを採用しているなら実質回復量もあげることができる良技。
相手のハッサムを押せるようになるのも優秀。

どくどく・・・ブルンゲルなどといったゴーストタイプに対して強気にいきたい場合に。
ビルドがないと相手のビルドローブシンに一方的に弱くなるのをどう考えるか

なげつける・・・火炎玉をもたせた場合に。毒毒玉の場合はどくどくでいい

ちょうはつ・・・ナンスに対してちょうはつビルドもできなくはないが技スペースが足りない

ねむる・・・とくに必要と思えないが回復技として


・まとめ
技名威力命中PPタイプ効果
ドレインパンチ7510010格闘与ダメージの半分回復
マッハパンチ4010030格闘優先度+1
ストーンエッジ100805急所にあたりやすい
いわなだれ759010ひるみ3割
しっぺがえし5010010後攻のとき威力2倍
ビルドアップ--20格闘攻撃防御ランク+1
どくどく-9010相手をもうどく状態にする
なげつける(火炎玉)-相手を火傷状態にする
ちょうはつ-10020相手をちょうはつ状態にする
ねむる--10体力を全回復しねむり状態に


【持ち物】

くろおび・・・ドレインパンチ、マッハパンチの火力をあげつつ努力値を耐久にまわせるためかなり相性のいいアイテム。
ドレインパンチの火力が上がることは回復効果により耐久も上がることを意味するためシナジー満載。
威力が1.2倍になるため「ドレインパンチ+マッハパンチ」で確定になる相手も広がる。

オボンのみ・・・火力のない特殊相手への後だしなどを仮想する場合に採用
ローブシンを後だしする機会が多くなるようならこちらの方がやや優秀か

きれいなぬけがら・・・格闘技2つ+エッジやしっぺ+ビルドや毒という構成になりがちでナンスを呼びやすい。
毒を入れていても蝶舞ウルガモスなどをとめることは難しいのでナンスに弱いPTなら候補に挙がるかもしれない


【努力値配分】

攻撃面は足りないのであれば「黒帯」を採用すればいいのでまず耐久面から。
ローブシンはドリュウズやパルシェンに対して強気にいきたく殴り合える範囲を広げたいので物理耐久中心に振りたい。
ガブの剣舞逆鱗を耐える物理耐久を確保することで物理のほとんどに殴り勝てるようになるのでそこを一つのラインにしたい
後だしを考える場合はスイクンサンダーに対して後だしすることも予想されるため特殊耐久重視の配分を選択する場合もある

どちらにせよドリュウズ意識やノオーバンギに対面で有利ということを考えて天候ダメステロダメを小さくするHP207にしておきたい。(天候ステロダメ12)

・物理耐久
ガブリアスの剣舞逆鱗は207-140で最高乱数を切って耐える。(確定耐えは207-142)
砂ダメまで考慮した場合は207-147になる

物理耐久の基本的なラインがここらへんになるはず
他に意識したいのは
ヘラクロスのインファイト2耐え
ギャラドスの「りゅうまい」「たきのぼり」
といったところか

オボン持たせる場合でも物理を意識したい場合は最低剣舞逆鱗耐える207-140を確保してから想定したい

・特殊耐久
ガブリアスの剣舞逆鱗耐えまで努力値を振ると残りの努力とは100しか残らないため、高威力特殊技を耐えさせることができないが対面で殴り勝てる範囲ぐらいなら広げることができる

残りの努力値をすべて特防に回すと207-97となり
ガブリアスのエッジを耐えて帯めざ氷で落とせる特攻を確保したボルトロス(特攻161)の10万ボルトを上2つ切って2回耐える程度の特殊耐久は確保できる

このラインだと、特攻205の珠ウルガモスの文字が中高乱数で耐える程度でしかない
このあたりを意識したのが特殊耐久中心に振ったローブシンになる。

ただ特殊方面に振ったローブシンやオボンもったローブシンの知識が少ないため
今は省略

・攻撃
ガブリアスの剣舞逆鱗耐えした場合、当然相手のガブリアスを「ドレインパンチ+ドレインパンチ+マッハ」で落とせないと意味がないが残念ながら努力値が足りない。
ということで「黒帯」をもたせて火力を確保することになる。
無振りでも信頼できる程度で相手のガブリアスを落とすことができるので余った努力値は特殊耐久に回してもいい。
1ポイントしかないので必要ないかもしれないが


【まとめ】
HP攻撃防御特攻特防素早さ
実数値207178140×9666
努力値21212196×844


【格闘タイプとの比較】
それぞれの特徴をおさえることはPTに適したポケモンを選択するうえで重要
(後日)

他の格闘ポケモンとの比較
カイリキー
ヘラクロス
ハリテヤマ 


【ローブシンと相性のいいポケモン】
まずラティオスが厳しいためラティオスに後だしできるポケモンは相性がいいといえる
バンギラスやメタグロス、ハピナスあたり

バンギラスは鉢巻追い打ちによりラティを序盤に排除することも可能なため優秀
ハピナスはトリックやサイコショックが怖いが雨に対して強いので相性はいい

メタグロスに関してはラティオスのめざ炎が採用されやすくなったためオボンをもたせたりすることが必要になってくる
オボングロスの追い打ちなどでラティをローブシンのマッハ圏内にいれる動きも面白い

ローブシンと相性がいいポケモンがガブリアスに弱いため、ローブシンの剣舞逆鱗耐えが生きてくる場面が多い
ただあまりにもガブリアスに弱いため、ユキノオーを入れてガブリアスと雨に対して強くしてもいい

【ローブシン入りのPT】
(後日更新)
バンギブシン
ノオーブシン
など


【ローブシン対策ポケ】
弱点をつける特殊技もちか格闘に抵抗があるポケ、高威力特殊技で対策できる
ローブシンは素早さが遅いため削っておけばマッハパンチが痛手にならない後続で処理することは可能

・ラティオス
・ラティアス
・クレセリア
・ブルンゲル ※毒としっぺは厳しい
・ソーナンス
・グライオン
・フシギバナ
・ドククラゲ ※ヘドロ液?
・エルレイド
・チャーレム
・ランクルス

後だし考えなくていいのならムクホークやトゲキッス、思念グロスなども十分対策になる
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。